誰でも起こり得る!インターネットを通しての誹謗中傷について

時代の新しい展開により変貌しています

最近ではPC以外にもスマートフォンなどでソーシャルネットワーキングサービスが容易にでき、若年層から始まりお年寄りに至るまで一般的になりました。時代が向上しているという事ではいい意味ですが、効率的になればその分だけ危険性もあります。ソーシャルネットワーキングサービスは本名を載せなくても問題ないものがたくさんあるので、通称にすることも可能です。そうすることで正体を隠して様々にトラブルになることがあります。

ソーシャルネットワーキングサービスの特殊性

最近増えているのが、インターネットを用いた誹謗中傷といえます。これについては一切面識のない人に対しても思うままに書き込めます。機能を使えば、面識のない人には見えないようにしたりできますが、ソーシャルネットワーキングサービスが情報手段ですのでそうした機能をつけては意味がなくなります。ですから、拒否する機能はあまり役立っていない面があります。インターネットそのものが不特定多数との情報交換ですから問題は根深いといえます。

インターネットで中傷を浴びる危険性

どんな人でも情報交換があできる状態にしているケースは中傷されやすいといえます。知らない人、あるいは仮名で確定も困難であるというようなことはしばしば見られることです。面識のないということで、コメントおこなう方は思うが儘にできますし、自身には何一つ降りかからないので悪質なコメントをする場合があります。そういうふうなコメントに深く悩んでいる人は少なくありません。そうした、危険性がインターネットには、潜んでいるということも頭に入れておきましょう。

ネット誹謗中傷は犯罪行為になる可能性があります。被害者は専門家に相談して削除要請をすることができます。